開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > 開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する

開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する

開成→東大文I→弁護士が教える超独学術 結局、ひとりで勉強する人が合格する

勉強というと、インプットを主に考えがちだが、インプットとアウトプットのバランスをとらないと、記憶が定着しないということを知った。

また、やり残しは良くないことだとおもったら、やり残しこそ、次にすぐスタートのきっかけをつくるためのパンくずであり、
ちょっとしたやり残しが、勉強をスタートさせるおおきな役目というのは、強く印象に残った。

また、試験勉強は教養の勉強とは違い、
最低限のスタートラインに立つための勉強のため、サクッとやってサクッと通過するぐらいの心持ちで行うことが大事。

そのためには、単に真面目に勉強するということだけに頼らず、戦略的に、いかに簡単に、スムースに抜け出るかが大事という考え方に共感を覚えた。







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19