ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実

ヤバいLINE 日本人が知らない不都合な真実

31MKsJ2jGwL._SL250_

【感想】
LINEは今まで使っていませんでしたが、
@LINEでの広告を試してみたくなり、アカウント登録しました。

そんなことも有り、LINEに興味を持ち、
企業の舞台裏を知りたくなり、本書をAmazonでクリック。

著者はLINEの愛用者ですが、ちまたに流れるLINE陰謀説を含め、
LINEの親会社である韓国NAVER本社にまで取材に行き、LINE社の出で立ちと現状を教えてくれています。

結局、LINEが日本製品というフレーズで大きな声をアナウンスするのは、
ユーザー数が減少するのを恐れてのマーケティングだということです。

実態は、韓国産というのが正しいのかと。
だからといって、即危ないことがあるということでもないらしく、使いやすく便利なのは間違いない。

しかし、韓国NAVER本社の体質は、
元サムスン幹部というプロセスを経ているので、パクリに対して意識が低く、著作権問題は、日本のNAVERまとめでもありますよね。

プラットフォームの提供だのみといっても、
利用者が増えていけば社会的責任を負うのはあたりまえだと思います。

場所貸しなので、中身のことは知らないよ、
では済まされないのかと。

その点、GoogleやFacebookとか、企業として堅い対応というか、きちんとしているなというイメージが有ります。
比較すると安心感がある、ということです。

まぁ、問題は色々とあるのでしょうけど。

最後に、個人的な愚痴です。
これだけSIMフリーが増えてきて、MVNO天国になりつつある状況なのに、
LINEや@LINEは、大手キャリアのユーザーでないと、年齢認証ができないというは、時代錯誤の気がします。

どうにからないですかね。







関連記事

  1. うちの子が結婚しないので (新潮文庫)
  2. シャープ再建 鴻海流スピード経営と 日本型リーダーシップ
  3. アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ
  4. Creative Selection Apple 創造を生む力
  5. 小豆島八十八ヵ所ガイド―詳細ドライブ遍路地図付き
  6. 仮想通貨バブル 日経プレミアシリーズ
  7. いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!
  8. 一番売れてる株の雑誌ZAiが作った チャートで稼ぐ「株」入門―必勝セクシーボリンジャー投資のすべて
  9. ヤル気がでる! 最強の男性医療
  10. Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]