6分間文章術――想いを伝える教科書

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > 6分間文章術――想いを伝える教科書

6分間文章術――想いを伝える教科書

51+A+HgQ3PL._SL250_

6分間文章術――想いを伝える教科書

【感想】
実践マーケッター「神田昌典」さんも驚く、
誰もが行動させる文章を量産できる、すごい仕組み。

大きくは、3つのステップに従い、
自分の思っていることをアウトプットしていくだけで、
人を行動させる文章の土台が出来上がる、魔法の仕組み。

大企業の営業、会議、女子高生から、小学生まで
普遍的に使える文章作成術。

モノを売ったり、
人を動機づけようとすると、ついつい自分に都合の良い情報だけを用いて、
人を操作しようとしがちになります。

ポジティブの感情だけではなく、
ネガティブ感情にも光を当て、なぜネガティブなのかを紐解き、受け入れることの重要性が書かれていました。

実は、ネガティブ感情の中に
セールスアップの種が沢山眠っていることを、気付かされました。

セールスレターを書くためであっても、
読み手のネガティブ感情をしっかりと受け止める必要がありますよね。

チャートに従い、
細切れになった自分のキーワードをアウトプットするだけなので、
気軽に取り組めるのがよいと思いました。

ぜひ、やってみます。

6分間文章術――想いを伝える教科書







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り