江戸の食卓―おいしすぎる雑学知識

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > 江戸の食卓―おいしすぎる雑学知識

江戸の食卓―おいしすぎる雑学知識

51l6CYP14PL._SL250_

江戸の食卓―おいしすぎる雑学知識 (KAWADE夢文庫)

【感想】
江戸時代の人は、どのようなモノを好んで食べていたのか?

それはなぜなのか?

どのようなレシピ、調理方法があるのか?

お肉は食べていなかったのか?

などなど。

ちょっと疑問に思ったことがあったので、
雑学として本書を購入してみました。

江戸時代には、マグロは安く庶民の食であったなど、
現代とは違う有様に驚くことが多く書かれていました。

その昔は、タマゴも食べてはいけなかったんですね。

さらに、味噌汁はご馳走だったようで、
ご飯と漬物程度の食事が多かったようです。

今は、豊かになり
ほんと恵まれている生活が簡単にできるという感じがしました。

江戸の食卓―おいしすぎる雑学知識 (KAWADE夢文庫)







関連記事

  1. アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ
  2. Creative Selection Apple 創造を生む力
  3. 小豆島八十八ヵ所ガイド―詳細ドライブ遍路地図付き
  4. 仮想通貨バブル 日経プレミアシリーズ
  5. いま仕込んでおくべき10倍株、教えます!
  6. 一番売れてる株の雑誌ZAiが作った チャートで稼ぐ「株」入門―必勝セクシーボリンジャー投資のすべて
  7. ヤル気がでる! 最強の男性医療
  8. Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]
  9. 30歳の私が運営歴3年のアフィリエイトサイトを6億2000万円で売却するまで
  10. the four GAFA 四騎士が創り変えた世界