子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > 子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

51e8MWdOJjL._SL250_

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話

【感想】
学校の先生である著者が、
小学校の子どもたちのために、善悪の価値観を教える本。

学校のみならず、
本来は家庭で教えなければならないことが盛り沢山。

いわゆる、しつけ的な部分も沢山ある。

しつけとは、着物のしつけ糸が語源。
つまり、親の価値観を押し付ける。

親の世代がもっと勉強をして、
子どもに価値観を押し付けられるレベルになる必要があると感じました。

昨今は、子どもを大事にしすぎることが相まって、
子どもを甘やかせば良いと勘違いしている大人が多い。

子どもには、正しいことを教えなければならない。
知らないがために、悪いことを平気で行う子もいるから。

では、正しいこととは何か?
その正しさの一端を教えてくれる本。

誰でも簡単に読める、
しかし、内容が濃い一冊。

子どもたちが身を乗り出して聞く道徳の話







関連記事

  1. ジム・ロジャーズ 大予測: 激変する世界の見方
  2. 自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組
  3. はじめてママ&パパの妊娠・出産
  4. アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!
  5. 眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話
  6. この食事で自律神経は整う
  7. 体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな
  8. 糖質制限完全マニュアル 血糖値が安定すればやせられる
  9. 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方
  10. 小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て