沈みゆく大国アメリカ


沈みゆく大国アメリカ

51PGYcwBTrL._SL250_

沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)

【感想】
アメリカの保険制度について、
日本に来る驚異として現状を知る事が出来る本。

日本人は国民皆保険制度として
アメリカのオバマケアを見ていたが、実際は全く違っているようだということがよく分かる。

アメリカらしく、全てがおカネの流れで川上のモノが強く、
支配できるようになっているらしい。

読めば読むほど、初めてのことだらけで、
コレでもかというほど、アメリカの強欲さ、資本主義最優先の考え方にうんざりさせられる。

しかし、
このアメリカの残酷でかつ最悪の仕組みが日本にも到達するとなると
どうなるのか、憂うばかり。

アメリカは、お金持ちにとっては自由の国。
一部のお金持ち以外の人にとっては、後進国だと思った。

日本の価値観が
アメリカに壊されないように祈るばかりだ。

沈みゆく大国アメリカ (集英社新書)







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術