田中角栄に訊け! ― 決断と実行の名言録

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > 田中角栄に訊け! ― 決断と実行の名言録

田中角栄に訊け! ― 決断と実行の名言録

51HtHEKW4GL._SL250_

【感想】
田中角栄という人間、あまり興味はなかったのですが、
なんとなく最近気になり、Amazonで購入してみました。

圧倒的な人間力と行動力。
自分の身を削って突き進んでいく姿は、すごい!っと感動しました。

細かい部分部分の評価は人それぞれあるのだとは思いますが、
人間的に非常に魅力的な人だと感じ尊敬の念に包まれました。

こんな面白い人がいたのだな、っと。

「戸別訪問は3万軒、辻説法は5万回」
というように、自身の実践に裏打ちされた言葉だからこそ、重みがあり魂がこもっているのだと感じました。

また、印象に残った言葉はこれです。

「山に上って道に迷ったら、2つの方法がある。
 ひとつは、川にそって下る。これは行政だ。
 ふたつめは、もう一歩登って霧が晴れるを待つ。これが政治だ。
 困難なときほど、前に出て視野を広げる。」

さらに、外交でも多くの国を訪ね、
国益のために、言いたいことを言い、タフな交渉を重ねた田中角栄を
日本人として誇りにさえ思えます。

田中角栄の本。もっと読んでみたいな、っと思いました。
⇒田中角栄に訊け! ― 決断と実行の名言録







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実