それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン

それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン

417G3QD5RZL._SL250_

【感想】
膨大な情報は、年を追う毎に益々増えていく。
この情報をデータと情報に分けるモノはなにか、どのように選別するのかを教えてくれる一冊。

情報という観点では、
だれもが消費者であり生産者という点が面白いと思いました。

簡単にブログやTwitter、Facebookで情報発信できる時代ですからね。

情報のタイプは5つに分類されるといいます。

・内部情報
・会話情報
・参考情報
・ニュース情報
・文化情報

データと情報を次のように区分けする箇所が面白く、
興味深いと思いました。

1エーカーとか2エーカーと言われても、
即座に理解できる人は少ないでしょう。

たとえば、1エーカーが43,560万平方フィートと言われても混乱でるだけです。
これが、データと言えます。

1エーカーとは、
フットボールフィールドから、エンドゾーンを削除した大きさ。
これから、即座に理解できる人は増えるはずです。

これが情報です。

小さいものを撮影するのに、タバコや鉛筆をソバにおいて、
大きさをわかりやすくする方法ありますよね。

つまり、人間が理解できる方法や手法、大きさで伝えたデータを
情報と呼ぶということです。

全体的に内容は難しいと感じました。
⇒それは「情報」ではない。―無情報爆発時代を生き抜くためのコミュニケーション・デザイン







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19