FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆ > FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記

FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記

Amazonで他のレビューを見る

【感想】
海外ドラマ クリミナルマインドで興味を持ち、FBIの行動分析官の本を手に取りました。

加害者と被害者が、ほぼ人間関係に関連がなく、
通り魔的な殺人で、2人以上の場合は快楽殺人、つまりシリアルキラーと呼ぶのだそうです。

その異常殺人者は、日本ではほとんど見かけないそうで、
なぜか白人に多いという統計になっているということ。

ヨーロッパ系の白人には、DNAに何かそのような異常性があるのかも、
と著者は言っています。

異常殺人を調べると、ほとんどが性衝動と関連したものになっている。

また、家庭ではアルコール依存者かまたは
薬物依存者が一緒に住んでいることが多い事が分かっている。

いわゆる崩壊家庭。

殺人者は、別の見方をすれば、
なるべくしてそうなった。

つまり崩壊家庭の犠牲者だという見方も出来なくもない、
というものの見方が印象的でした。

幼少期の体験や経験というのは、
その本人に一生取り返しがつかない、ものすごい影響を与える事を知りました。

とはいえ、崩壊している家庭で、
必ず異常殺人者を生み出していることにはならないので、いくつかの条件がマッチした場合に可能性が高まるようです。

このようなことを知っておくことで、
事件に巻き込まれることを防ぐことが出来たり、
日常生活でも役立つことがあるかも知れない、っと思いました。

読む内容はおぞましいですが、
知っておいたほうがいいですよね。

Amazonで他のレビューを見る







関連記事

  1. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  2. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  3. ブチ抜く力
  4. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  5. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19
  6. NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く~
  7. PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話
  8. 生きがいについて (神谷美恵子コレクション)
  9. アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること
  10. 膵炎の人の食卓 (美味しい・ヘルシー・クッキング)