富者の遺言


富者の遺言

富者の遺言

【感想】
富者のおじいさんと、事業に失敗した若者が対話することで、お金の意味や価値観を教えてくれる一冊。

夕暮れ時に缶紅茶さえも購入できずにいた、
失敗者の若者。

いきなり老人が話しかけてきて、戸惑いつつも
お金についての説明をはじめ、若者が自分の過去の失敗について次第に明らかにしていく。

若者は、友達の誘いで
おにぎり屋の事業をスタートさせ、見事に大成功の機動の乗せたかと思われた。

ところが、決断をする毎に、
なぜか少しづつ歯車が狂いだし、思い通りに事が進まなくなる。

ソレはなぜなのか。

「信用」という言葉を繰り返し説明していて、
今まで思っていた信用という言葉よりも、お金という物差しで考えると
さらに意味が深いのだと感じました。

面白く、あっという間に読み終えました(^^)
Amazonで他のカスタマーレビューを見る







関連記事

  1. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  2. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  3. ブチ抜く力
  4. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  5. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19
  6. NETFLIXの最強人事戦略~自由と責任の文化を築く~
  7. PIXAR 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話
  8. 生きがいについて (神谷美恵子コレクション)
  9. アップルさらなる成長と死角 ジョブズのいないアップルで起こっていること
  10. 膵炎の人の食卓 (美味しい・ヘルシー・クッキング)