嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

【感想】
哲学者と悩める青年の対話形式で進む物語。

アルフレッド・アドラー心理学について、哲学者がその真髄を青年に伝えていき、
青年はアドラー心理学を吸収しつつ、自分自身の人生に活かしていくという一冊。

物語形式なので、とても読みやすく、
読み終えるのが持った得ないと感じるぐらい、惹きつけられ、
あっという間に読み終えてしまいました。

とにかく、惹き込まれる。

今まで「あたりまえ」だと感じていた価値観を
根底から覆すという教えもあり、大きな価値観の転換にもなりました。

主人公の青年が、いい感じで哲学者に楯突くので、
面白くもあり、読者の代弁をしているようで、分かりやすくなっています。

人生の全ての悩みは「対人関係の悩みである」という言葉には、
衝撃を受けました。

この言葉だけでは、何のことなのかよく分かりませんが、
その理由と周辺情報を、哲学者がしっかりと具体的に説明してくれます。

また、人生本来の自由とは、「他人に嫌われる勇気を持つこと」というのは、
なるほど!っと大きくうなずきました。

やっぱり、「勇気」というものは、
いかなる場面でも必要なんだなーっと、改めて感じました。

1回読んだだけでは、未消化の部分も残りますので、
何度も繰り返し読みたい本だと思いました。

最近では、イチオシのすごい本だと思います。

Amazonで他のカスタマーレビューを見る







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実