アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか

アップルvs.グーグル: どちらが世界を支配するのか

【感想】
AppleとGoogleの戦いが、関係者の取材を通して詳しく分かるという面白い一冊。

今までAppleやスティーブ・ジョブズの本をひと通り読んできましたが、
そこでは見られない新しい話しや事柄が書かれていて、興味深く読ませて頂きました。

2007年に初めて登場したiPhone。
Apple社内と、世の中を激変させたパワフルな製品ですが、
そのiPhoneを発表する際、まだまだ不出来な試作機で、こわごわと基調講演を行った様子が面白かった。

「どうだ、すごいだろう」と言わんばかりの基調講演だったのは覚えていますが、
まさか、あの基調講演は、薄氷を踏む思いの大博打的なシチュエーションだったとは思いませんでした。

最初は仲が良かったAppleとGoogleですが、
モバイルという戦場が共通の利益となり、お互いに離反する機会が多くなっていったようです。

もうマイクロソフトは蚊帳の外という感じがしました。
まぁ、そうじゃないのかもしれませんが。

Appleにおいては、精力的に次から次へと革新を手がけることで、
良い製品にはなるのでしょうけど、
自社の支配を広げて行き、思い通りにしようとする怖さを感じました。

それにしても、
一般大衆への製品端末やITサービスの浸透度をみると、
AppleとGoogleってすごいですよね。

IT業界の中心で起こっている熾烈な競争というものを、
内部の目から見ることができる、面白い本です(^^)







関連記事

  1. ジム・ロジャーズ 大予測: 激変する世界の見方
  2. 自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組
  3. はじめてママ&パパの妊娠・出産
  4. アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!
  5. 眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話
  6. この食事で自律神経は整う
  7. 体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな
  8. 糖質制限完全マニュアル 血糖値が安定すればやせられる
  9. 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方
  10. 小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て