パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学

パフォーマンス・マネジメント―問題解決のための行動分析学

【感想】
行動分析学の教科書として使われているもので、
その仕組をわかり易く丁寧に、教えてくれている。

何か行動上の問題がある場合は、必ず理由があるので、
その理由を探し当て、持って行きたい方向へ作用する力を利用するのが早い。

脳内の報酬中枢ように、
得て特をするもの、気持ち良いもの、心地よいものはより行動を強化するという前提で、
いかの報酬の仕組みをつくり上げるのかを心理的に考えている。

とはいえ、価値観に基づいた
しなければいけないこと、しつけ、義務などは
報酬とは関係なく行動することが求められると思う。

物事のすべてが報酬という仕組みで動くわけではないので、
若干違和感を感じるところもあった。

問題の真因を探るひとつのヒントとして、
一読しておくと便利だと思いました。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り