ジョブズの料理人 寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26年

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > ジョブズの料理人 寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26年

ジョブズの料理人 寿司職人、スティーブ・ジョブズとシリコンバレーとの26年

【感想】
日本の寿司職人である著者が、海外で活躍する場を通して、
最後はシリコンバレーに行き着き、スティーブ・ジョブズに誘われて、Appleのカフェテラスへ。

本文では、スティーブ・ジョブズにカフェテリアに誘われて、
困っていた時に救いの神だ、という部分で終わっている。

なので、実際にAppleのカフェテリアで働く事になったのかは、定かではない。
もしかして、書いてあるのに、読み落としているかもしれませんが。。。(^^;

最初は、巻物しか食べなかったスティーブ・ジョブズ。
オラクルのラリー・エリソンの影響で、徐々に色々な寿司を食べるようになる。

スティーブ・ジョブズは基本、菜食主義なのですが、
生魚はOKだったようです。

ほんとうに良いネタが入りかつ、
食い入るように鋭い目線で、寿司を握る手を見て、
自分が気にいるものだけ、手を付けて口に入れたということです。

2貫あっても、1貫は手を付けないことも多々あったのだとか。
そういう時は、特に何も言わず、にっこりするだけ。

著者の佐久間さんは、常にスティーブ・ジョブズに試されている、
と感じていたようで、
仕事に真剣味が増した、といいます。

また、良いネタが入り、
最高の寿司を握ることが出来た時は、スティーブ・ジョブズに分かり、
食べてくれるのだとか。

そのことから、良い仕事をすれば認めてくれる。
また、それが分かる。

このような観点から尊敬していた様子が伺えます。

食を通してのまた違ったスティーブ・ジョブズの一面を見ることが出来、
おもしろい本でした。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り