アップル帝国の正体


アップル帝国の正体

アップル帝国の正体

アップル帝国の正体

  • 作者:後藤 直義,森川 潤
  • 出版社:文藝春秋
  • 発売日: 2013-07-16

【感想】
中々お目にかかれない、面白い一冊!これ、最高!

スティーブ・ジョブズが亡くなってから、ちょうど1年経過にさしかかろうとしているアップル。

株価的にはピークを過ぎているようにも見えますが、その潜在的な力は、どこまであるのか期待もある企業の一つですよね。

日本企業がどれほど強くAppleに依存しているのか、

読むと驚きの内容が盛りだくさんで、

ここまで書くには膨大な取材が必要であったのでは、と感心してしまいます。

また、力の強さと、我の強さで、

何でも自分の言いなりに相手を押さえつける強引さは、

さすがアメリカ企業だなと、その貪欲さにある意味、感動しました。

Appleは、全世界に非常に細かい網の目のようなネットワークを張り巡らし、

次の製品へのヒントを、どんどん蓄積して行っていることが分かります。

また、相手のビジネスを丸裸にしてしまうというやり方の是非はいずれにしても、

徹底してノウハウを吸収してしまう様は、

「そこまでやるか!」という感じで、さすがにAppleです。

とにかく、Appleの実行する力のすごさを感じた一冊でした。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実