アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則

アップル 驚異のエクスペリエンス ―顧客を大ファンに変える「アップルストア」の法則

カーマイン・ガロ 日経BP社 2013-01-24
売り上げランキング : 17506

by ヨメレバ

【感想】
Apple好業績の秘密を知りたい人には、たまらなくワクワクする一冊。
ここ最近は成長に鈍化が見えるものの、好業績の企業例としてAppleに興味をもつ人は多いと思います。

私は単にApple好きで、Appleで起こっていることはどんなことでも興味を持ち、知りたいと思っている人間の内の一人です。

Appleはなぜ強いのか、どんな企業なのか、故スティーブ・ジョブズはどんな人柄だったのか、という書籍は多いです。
でも、Apple Storeのみにフォーカスして書かれた書籍は知りません。

Appleが実店舗を持つのは、スタートした当初、冷たい目で見られていました。
成功するわけがない、っと。

でも、Appleは並外れたこだわりと研究、人材の投入で実店舗では優秀と言われる宝石の「ティファニー」よりも坪当たりの売上が多いと言います。

後発で、普通の人から見ると成功はままならないと思われていたのに、なぜ成功することが出来るのでしょうか?
その思想や仕組み、人材育成、など、細部に渡り解説してくれている貴重な本だと思います。

まさに、Appleの魔法を徹底解説という書籍帯に書いてあるとおりの内容。
サービス業に従事する人であれば、当たり前でありかつ、目からうろこの内容が盛り沢山だと思います。

特に印象に残ったのは、
混雑している店内で、待たせている客に対し、何度も細かく色々な人がフォローできる仕組みを作り、
客の体内時計を何度もリセットして、待っている体感時間を実時間よりも短く感じられるようにする、というものです。

この箇所だけでも、すごいノウハウ。
私自身、何度も繰り返して読みたい本として、いつも近くに置いてあります。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実