犬がぐんぐん賢くなる遊び方・遊ばせ方

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > 犬がぐんぐん賢くなる遊び方・遊ばせ方

犬がぐんぐん賢くなる遊び方・遊ばせ方

藤井 聡 青春出版社 2006-04-25
売り上げランキング : 274461

by ヨメレバ

【感想】
日本訓練士養成学校の著者。犬のしつけ系では、古典的な本になる。
訓練士養成とは、犬の訓練ができるようになる人を育てるという、日本でもトップクラスの厳しい内容の学校。

書いてある内容は非常に濃く、保守的な内容で、全ての文章からその説得力や重みが感じられる一冊。

多くの本はいかに犬と仲良く生活できるのか?犬の気持ちは?っというスタンスがまずありきだが、この本は明らかに違う。

犬は服従本能があり、犬の思考パターンや気持ちを利用しつつ、服従することこと犬の幸せとして教えてくれる。
服従とは、犬を緊張から解き放つことであり、飼主がリーダーとなることを本当の意味で認めさせることになる、ということです。

なので、幼犬の頃からのちょとした動作、行動が放置することで、後で問題行動になる例が多々出てきます。
そういうある意味、厳しい目で犬と接することをしないと、自由放任では服従や社会性を身につけさせることは難しいと感じました。

犬にしつけという訓練が必要なのと同様、人間にもしつけと訓練が必要なのだと感じました。
犬を飼っている人、これから買う人は絶対に読んでおくべき一冊です。

この一冊を読めば、他は読まなくても良いぐらいです。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り