安岡正篤「光明蔵」


安岡正篤「光明蔵」

安岡正篤「光明蔵」を読む

荒井桂 致知出版社 2012-08-23
売り上げランキング : 127743

by ヨメレバ

【感想】
一言で言って、難しい。
漢文を元に、るびをふりつつ、解説頂いているのですが、感じの読み方や意味を覚えつつ読むという感じです。

物語の情景を感じ2〜3文字で表現していることが多く、その背景の理解がないと何のことだかさぱりわかりません。
漢字だらけなので、抵抗がありましたが、頑張って最後までなんとかくらいついたという印象。

論語の孔子などの引用も多かったのですが、一つ一つの文章をゆっくり紐解いて行かなければならず、時間のかかる読書になりました。
また、そういうものなのかも、知れません。

そう考えると、昔の人は漢文でそのまま本を読んで学んでいたわけで、
凄いなーっと、今更ながらに感動しました。

それだけ読み解く力を身に着けていた、ということなんですね。

一番最後の言葉が強く印象に残り、おおいに励まされました。

読書百遍、義おのずからあらわる。意おのずから通ず

声に出して読むことで、難しい内容、分からない意味でも、100回繰り返せば自然と身体に染み込む、という意味でしょうか。
昨今は、速読やフォトリーディングのようなスピードがよしとされていますが、声に出してしっかり繰り返し読むことが非常に重要であると、改めて教えていただきました。







関連記事

  1. 賢い子に育つ!0歳からのらくらく子育てカヨ子ばあちゃん73の言葉
  2. 孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術
  3. 麹町中校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること
  4. 卵子老化の真実 (文春新書)
  5. 50歳からはじめる 一生病気に負けない強い体のつくり方: いざというとき、頼りになるのは「筋肉の貯金」です!
  6. マンガでわかる 15年勝ち続ける 億超え投資家の株の基本
  7. 2021年まで待ちなさい! (【資産はこの「黄金株」で殖やしなさい! 】番外編)
  8. ブチ抜く力
  9. 闘いつづける力: 現役50年、「神の手」を持つ脳外科医の終わらない挑戦
  10. 不妊大国ニッポン―週刊東洋経済eビジネス新書No.19