インサイド・アップル


インサイド・アップル

アダム・ラシンスキー 早川書房 2012-03-23
売り上げランキング : 116444

by ヨメレバ

【感想】
Appleの元幹部や社員に、組織内のつっこんだ取材を繰り返す中から得られたAppleの組織論。
何度も読んでいますが、たまに読みたくなります。

本の話とは違いますが、まさかネクスト時代からスティーブ・ジョブズべったりだったフォーストール氏がAppleを去るとは思いませんでした。

小さなスティーブ・ジョブズと言われていましたし、iOS担当の上級副社長だったわけですし。

書籍スティーブ・ジョブズ(上・下)内でも、スティーブ・ジョブズ自らの言葉で、
フォーストールは外に出さない。社外の取締役や、地域のコミュニティでさえ参加させない。

というような意味のことを言っていましたがからね。

なぜこの本を何度も読みたくなるかというと、Appleの仕事に対する意気込みというか、情熱、厳しさが沢山載っていて、自分自身がうかうかしてはいけない、と背中を押されるような気がするからです。

外部取材の言葉で、しかも、この本をちょっと読んだだけでそれを肌で感じるということは、
Apple内部にいる人たちは、相当厳しい環境で仕事をしているのだと思います。

それをやる続けるからこそ、個々人の能力をめいっぱい引き出し、あのような素晴らしい製品を世に送り出すことができるのだと感じます。

ある意味、お金のためにやる仕事は強欲と言われますが、「ぬるい」ですよね。
理想や理念のために行う仕事は、強欲のさらに先を行く厳しさなのだと知りました。Appleを通して。

そして、とにかく価値観は、スティーブ・ジョブズ。
スティーブ・ジョブズがどう考えるか、受け入れてくれるのか、ということです。

また、スティーブ・ジョブズは超率直なコミュニケーションを求める。
飾りは不要。
そういうタイプの人間だからこそ、本質で納得させることができなければ、すぐNGを出され、手抜きを見透かされる。

本当に、怖い存在ですよね。
本書にたっぷりとAppleの仕事現場のストーリーが書いてあり、面白い本です。

これからも、何度も読み返すことになるでしょう。







関連記事

  1. ジム・ロジャーズ 大予測: 激変する世界の見方
  2. 自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組
  3. はじめてママ&パパの妊娠・出産
  4. アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!
  5. 眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話
  6. この食事で自律神経は整う
  7. 体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな
  8. 糖質制限完全マニュアル 血糖値が安定すればやせられる
  9. 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方
  10. 小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て