Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

【感想】

二度目の読書。一度目はすらすら読み進めてしまったので、じっくり読んでみたいと思い手にとった。

著者は2度、スティーブ・ジョブズになぶり殺しになったことがあったという。
一度は電話越しに。二度目は面と向かって。

電話越しだと面と向かうよりもマシだと思われるかもしれないが、そんなことはない。
という著者の話しが面白い。

また、そのようにひどく罵倒される経験をすると、自分が強くなった気がするとも言っている。
スティーブ・ジョブズとは、そんなにも恐ろしい人なのかと、想像しただけで怖くなる。

著者の視点でスティーブ・ジョブズを見ると、とにかく率直、正直に思ったことをその場でスグ表現する。
例えそれがどんな考えだろうと。
相手にどう思われようと、関係ない。自分が思ったこと、考えたことなのだから、そのままアウトプットする。

これって、すごい勇気のいることであり、日々ストレスがすごいと感じた。
人から受け入れられなかったり、誤解されたりすることも多いと思う。
それを思うと、自分自身がいたたまれなくなるときもあるのではないのか、と思った。
実行できてしまうから、スティーブ・ジョブズはスゴイ。

本の至る所に、スティーブ・ジョブズでさえも、素人目に見て間抜けな考え方をする場面が沢山ある。
でも、結論はそうではない。
日頃からどれだけ膨大な量の情報を処理し、人に相談し、判断しているのだろう。
気が遠くなる思いを追体験できるきがする。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実