P.F.ドラッカー経営論第27章「多元化する社会」

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > P.F.ドラッカー経営論第27章「多元化する社会」

P.F.ドラッカー経営論第27章「多元化する社会」

P.F.ドラッカー経営論第27章「多元化する社会」

【感想】

組織はイノベーションを前提としている。
イノベーションとは、シュンペーターの言う「創造的破壊」のこと。

つまり、組織は自らイノベーションを体系的に実行できるように取組むことを求められている。

知識労働者の知識は、その知識を活かす場である会社があってこそ活きる。
だからこそ、会社を必要とする。
しかし、従事者として会社を必要とするのとは意味が違う。

知識労働者が会社を必要とする以上に、会社は知識労働者を必要としている。
会社は能力ある知識労働者を求めて激しく競争するようになる。
その人材の確保にこそ、マーケティング的な視点が必要になり、実行が必要になる。

国家という中央権力、中央集中化はうまくいかなくなるだろう。
組織は多元化する運命にある。

専門家した組織が無数に存在する社会になってこそ、多元化した組織の存在が可能となった。

だれが共同の利益を規定するのか、だれが目的や価値のバランスをとるのか。
だれが、意思決定を行い、何が意思決定の基準となるのか?

多元化する組織では、これらに答えることが必要となる。







関連記事

  1. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  2. 手塚治虫 壁を超える言葉
  3. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  4. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  5. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  6. 日経新聞マジ読み投資術
  7. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  8. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  9. 「会社四季報」最強のウラ読み術
  10. 卵子老化の真実