松下幸之助の求めたるところを求める

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆☆☆ > 松下幸之助の求めたるところを求める

松下幸之助の求めたるところを求める

松下幸之助の求めたるところを求める

上甲 晃 致知出版社 2011-09-16
売り上げランキング : 413344

by ヨメレバ

【感想】
この本もお気に入りで、読むたびに新しい発見があるので、4回ほど読んでいます。
松下政経塾で塾頭だった上甲さんの著書。

松下幸之助の声を、目の前で聞いて体験している人だけに、松下氏の人物像が思い描かれるようで面白い。

ある講演会で、聴衆の一人が松下幸之助に質問する。
「経営のコツを一言でいうと、何ですか?」

その時の応えは「人間洞察力ですわ」でした。
つまり、経営者として人の上に立つには、人間がわかっていないと経営ができない、ということです。

人間の中で生きている以上、人間とはどういうものなのか?ということが理解し、わかっていなければいけないということらしいです。

また、人が行き詰るときはどいう時か?と松下幸之助は上甲さんに質問しています。

幸之助「君、人が行き詰るときはどういうときか分かるか?」

応えは。
「自分さえ良ければいい、目先さえ良ければいいと感が始めた時や。自分のことしか考えられなくなったり、目先のことしか考えられなくなったら、人間は必ず行き詰るんやで」

この言葉が印象に残りました。

このような松下幸之助の言葉を通して、日頃の掃除や整理整頓、ちょっとした心の習慣がいかに大切なのか。
習慣を無意識に行動に移してしまうことが、いかに多いか、ということを学ばせてくれる本です。

自分自身もきちんとしていなければ、と思わされます。







関連記事

  1. ジム・ロジャーズ 大予測: 激変する世界の見方
  2. 自然治癒力が上がる食事 名医が明かす虫歯からがんまで消えていく仕組
  3. はじめてママ&パパの妊娠・出産
  4. アレルギー医療革命 花粉症も食物アレルギーも治せる時代に!
  5. 眠れなくなるほど面白い 図解 糖質の話
  6. この食事で自律神経は整う
  7. 体が生まれ変わる「ケトン体」食事法: 太らない、疲れない、老けない――体と頭を「糖化」させるな
  8. 糖質制限完全マニュアル 血糖値が安定すればやせられる
  9. 転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方
  10. 小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て