仕事は楽しいかね?


仕事は楽しいかね?

デイル ドーテン きこ書房 2001-12
売り上げランキング : 189

by ヨメレバ

【感想】

主人公のビジネスマンが空港で出会った不思議な老人。
雪で飛行機が飛ばず、空港で一晩を明かすが、不思議な老人と話をすることになる。

そこで、ビジネスや人生の問題や課題を打ち明け、その解決のヒントをもらうことになった。

一番印象残った言葉はこの言葉に尽きる。

きみたちの事業は、
試してみた結果、失敗に終わったんじゃない。

試してみること自体が欠落していたんだ。

そして、問題は平均より上の人があまりに多くて、みんな普通になってしまっていること、だと老人は教えてくれる。

一生懸命に日々いきている中で、「もし宇宙が信じられないような素晴らしいアイディアをくれるとして、君はそにれふさわしいかね」と聞く。

老人は言う。
考えつく、出来る限りにあらゆることを実践しろ、っと。

あまりに頭で考えて、否定的に考えすぎ、行動を起こせないのが失敗の原因だと知る。

気持ちを前向きにする上で、とても優しく良い本だと思った。







関連記事

  1. ティム・クック-アップルをさらなる高みへと押し上げた天才
  2. 末広がりのいい会社をつくる ~人も社会も幸せになる年輪経営~
  3. 手塚治虫 壁を超える言葉
  4. 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」
  5. 日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義
  6. デービッド・アトキンソン 新・生産性立国論
  7. 日経新聞マジ読み投資術
  8. 会社四季報ワイド版 2019年1集新春号 [雑誌]
  9. 元財務官僚が5つの失敗をしてたどり着いた これからの投資の思考法
  10. 「会社四季報」最強のウラ読み術