キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ☆☆☆ > キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術

キュレーション 収集し、選別し、編集し、共有する技術

スティーブン・ローゼンバウム プレジデント社 2011-12-20
売り上げランキング : 6433

by ヨメレバ

【感想】

言うまでもなくインターネットで情報の溢れている社会では、情報に気づいてもらうことが難しい。
また、玉石混交でどれが正しい情報、役立つ情報なのか判断できないことも、ままある。

そういう情報洪水の中で力持つのが、「キュレーション」だ。
よく聞く言葉としては、博物館のキュレーション。

情報を収集し、選別し、編集し、共有する技術のことだ。

さらに分かりやすく言えば、情報のフィルター的な役割をはたすことだと感じた。
すでにある情報の中で、役立つ情報を取り出し、分かりやすく再編集して、共有するルートへ載せる。

それを行うためのセンターピンは「コンテンツ」。
コンテンツこそが、キュレーションの王様であり、いかによりよいコンテンツを供給できるかが勝負となるという。

この考え方は、事の大小に関わらずあらゆるビジネスのコンセプトを考えるのに役立つと思いました。
物事を本質を追求していかないと、そのものの本質は見えてこない。

本質を遡及しなければ、そもそもコミュニケーションとして訴えかける力が表現されない。

著書の中ではハフィントン・ポストのリンク社会についての事例が分かりやすく面白かった。
やはり、ネット社会ではいかに有形無形のリンクを集めるかが、コンテンツの重要度、検索エンジンでの上位表示に重要か、という事例だ。

とにかく、
キュレーションという言葉。まだしっくり来ないが、本質を突き詰めるという意味ではなんども読み返したいと感じた。







関連記事

  1. コロナバブルの衝撃!
  2. マンガでわかる東大読書
  3. 博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  4. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書
  5. [婚活ビジネス]急成長のカラクリ
  6. 「アイデア」を「お金」に変える思考ノート
  7. 糖質制限の「主食もどき」レシピ
  8. 知となる、世界の最強名言105: 野村克也を支えた賢者の教え
  9. 麹町中学校の型破り校長 非常識な教え
  10. ロングヒット商品開発者が教える 今ない知恵を生み出す しなやかな発想法-メラキ直り