ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した

ジョブズは何も発明せずにすべてを生み出した

【感想】
ジョブズ、Appleをずっと追いかけてきた林さんの著書。
ジョブズのことを時系列に追いかけるのではなく、ジョブズの言葉を中心にその意味、解釈を詳しく書いてくれている。
そして、日本企業との比較。
また、AppleをAppleらしくしているのは「イノベーション」ということ。
イノベーションは、システマチックに創りだすのではなく、日々の仕事の中から育てるものだという考え方に強く共感した。
とにかく、少数精鋭のチームを作り、
徹底的に議論に議論を重ねる。その価値観の共有や膨大な量のアウトプットから、「よし、これにチャレンジしよう!」というものを吟味する。
これはAppleだから出来るのではなく、どこの会社でもすぐに出来ることであり、やらなければならないことだと感じた。
そして、Appleはイノベーションを起こす製品を世に送り出しても、「観察」と「改善」を怠ること無く、全力で改善に取組む会社でもあることを知った。
そして、全力で売ることも考える。
読んでいるだけで組織の隅々にまでジョブズの考え方が浸透している様子が伺え、その凄さに感動すらおぼえる。
ローマは一日にしてならず。
Appleがここまで到達するまでにかけた手間や苦労、仕事量を考えると感動せずにいられない。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊