安売りするな! 「価値」を売れ!

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > 安売りするな! 「価値」を売れ!

安売りするな! 「価値」を売れ!

【感想】
藤村氏の語り口調や、事例の豊富さは本当に分かりやすい。
読んでいるだけで、自分にもできるかも?と思わせてくれる内容の著書。
とにかく、物事の本質をとことん突き詰めろということだと感じた。
本質とは何か?
それは、意味付けすること。価値付けすることだと著書には書いてある。
色々な業界の色々な事例を持ち出し、なんども繰り返し丁寧に伝えてくれる。
そういう観点から、個人の持つ情報発信力、個人ブランド力がいかに大切かを学んだ。
情報発信することで、周りの人と関係性を構築し、ネットワークを広げていく。
自分の得意分野をどんどん伸ばしていく。
自分の強みは実は、自分でさえも分かっていない。
エマーソンの言葉を思い出した。
人は啓発されて次のようなことを確信するに至る。
すなわち羨望は無知であり、模倣は自殺行為であることを。
この広い宇宙におけるトウモロコシの実を手に入れることができるのは、
与えられた僅かな土地を、自ら耕してのみであるということを。
人の内にある力は常にこの上なく新しい。
自分に何が出来るかということを知っているのは自分のみであり、
しかも、
自分でやってみて初めて分かるのである。

実践しなければ意味が無いので、
行動してさらに血肉としようと思います。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊