ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学

【感想】
島田紳助自体は、見ていて好感度を抱く人だとは思わない。
チョット前に話題に登った人だったので、読んでみました。
若い漫才師時代には、ネタ帳をきっちり付けて自分のノウハウを蓄積するとともに、お笑い自体を新しいフィールドへ持っていくべきと燃えていたという。
努力もするし、才にも恵まれた人なのだろう。
自分自身でも、これだけ努力したんだから成功して当然、と書いてある。
その実践力、行動力には尊敬の念を抱いた。
ではなぜ、あんな事になってしまったのだろう、と不思議に思う。
努力もして、仲間も大切にする人なのに。
ほんとうの意味での師匠というか、畏れる存在を持っていなかったのかな、と感じた。
分からないけど。
芸能の世界であれだけの成功の高みへ到達したのに、もったえない。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊