ひとりぼっちの社長のための事業再生

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > ひとりぼっちの社長のための事業再生

ひとりぼっちの社長のための事業再生

【感想】
経営者はだれも、ほんとうの意味では孤独。
当たり前だが全てが自分次第で決まってしまう。
だからこそ、学び続けなければいけないし、相談する人を持つことが大事。
事業再生というと、中々外部の人に相談できない事柄だけに
自分ひとりだけで煮詰まってしまうことの危険性を指摘している。
その事業フィールドのプロがいる限り、
たとえ有料であっても、相談することの有用性を指摘している一冊。
ちょっとしたアドバイス一つで「なんとかなるかも」という一つの勇気が物事を前に、良い方向にススメるエネルギーになったりするもの。
逆に一人でふさぎこんでいると、なんてことないことが重大な負荷に感じしてしまうことも。
とにかくよく情報収集と勉強を欠かさず、
信頼できる相談相手を見つけることが大切だと感じた。
もちろん、精神的な部分でいえば、もがくことも大切と思う。
もがきが不足していると人間としての成長が阻害されるし、人に異存するようになる、物事を甘くみるような体質が身についてしまいかねないからだ。
だからといって、もがきすぎて精神的にも、肉体的にも死んでしまっては意味が無い。
ある意味、死んで生まれ変わるぐらい、十分なもがきがその人の成長を促進するのだと思う。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊