スティーブ・ジョブズ II


スティーブ・ジョブズ II

【感想】
二度目の読書だが最高にオモシロイ。
一回で吸収しきれていない部分を十分に堪能した感じがした。
スティーブ・ジョブズという人間の良い面、悪い面、
両方がきちんと書いてあり、時にはまゆをしかめるような箇所もありながら、全体的には憧れの目で見てしまう偶像。
自分自信さえも圧倒されるような情熱があり、
まさに命を削ってめちゃくちゃすごい製品を世の中に送り出そうとしていたその執念は見習うべきものがある。
自分の命をここまで一つのことに使うことの気持よさ。
苦闘がありつつも、充実した人生だったのではと思う。
そう考えればまだまだ「本気」で活きていない自分を恥じ、
これからの可能性を自ら信じることを積み上げていかなければいけないことを学んだ。
始めるのに遅すぎることなんってない。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊