「ありがとう」と言われる商い


「ありがとう」と言われる商い

【感想】
ワクワク系マーケティング、小阪さんの著書。
商人道を極めるためには、何が必要なのかということを教えてくれている。
すなわち、
お客様との関係性を高め、ものの価値、ものの考え方を売る。
それが商人だと学んだ。
ワクワク系マーケティングの実践会で報告される勉強と実践。
その実践結果にすごい結果が生まれることがあり、日々更新されている。
つまり、実践の中にこそ商人道がある。
月に10個も売れないプリンが、1,000個売れるようになった実践の話などがゴロゴロ出てくる。
いかに者の考えを深めていないか、いかにほんとうの意味でお客様の目線に立っていないのかを痛感させられる。
つまり、
まだまだ可能性が盛りだくさんであり、やるべき事は足元に沢山あることを教えてくれる可能性が開け希望の光のアリカを教えてくれる一冊。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊