【管見妄語】 大いなる暗愚


【管見妄語】 大いなる暗愚

【感想】
「国家の品格」で知った藤原氏。
読みやすい文体が好きだ。
著者は大学で教える先生。生徒との関係が男女の関係にならないように気をつけておられるのには共感した。それも面白おかしく書いてあるので、読みやすい。
また、数学道を追求するのにホルモンが放出する環境では集中できない旨の記載があった。
なるほど!
強く共感した。
今は情報が豊富にあり、どちらかというと集中するのが難しい環境にあるように思う。
もちろん、
集中するのは本人の熱意ややる気だし、危機感など、理想や動機もあろう。
だけど、
あまり恵まれた環境では集中を阻害する要因があるのも事実だと感じる。
だからこそ、
自ら集中できる環境を作り上げる。
集中できる環境に身を置く事が大切だと思った。
環境は自分でつくるものだと思う。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊