超・格差社会アメリカの真実


超・格差社会アメリカの真実

超・格差社会アメリカの真実
小林 由美
日経BP社
売り上げランキング: 83102

【感想】
2006年の本ですが、著者が25年間アメリカで暮らし、日本とアメリカを比較した中で得られた体験を元にアメリカ社会の素晴らしさや問題点を日本人の視点から教えてくれている。
特に、経済や教育などその成り立ちから説明してくれているので、どうしてそのように考えるのかを明確に分かりやすく説明してくれている。
一番印象に残ったのが、ヨーロッパとアメリカの経済に対する考え方の違い。
ヨーロッパは「having maney」、富を持っているを良いこととする。
アメリカは富を持っていることはあまり良いことだとは考えず、「making maney」富を作ることができる、ことを良いことだとする思想がある。
だからこそ、
低い身分であればあるほど、富を築き上げた人はその人物が優れていると社会的に評価される、というものだ。
読めば読むほど、日本は恵まれている社会だと感じたが、日本ならではの問題点も目につくようになる。
それは、既存の古くなった仕組みやシステムを打ち壊し、よりよいものを創ろうという意思だ。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊