女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > 女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識

女性誌にはゼッタイ書けないコスメの常識

【感想】
著者はパリ在住の皮膚専門医。
ヨーロッパと比較して日本は自分で情報を確認しないでメディ情報をうのみにするため、消費者が危険にさらされているという。
なるほどと思ったのは、肌質は両親を見れば良いということ。
肌は遺伝する。
だから、自分の将来の肌は、自分の母親の肌を見ればおおかた検討がつく。
そこから逆算して、今のうちに手をうっておけば、
肌の老化を遅らせたり、綺麗さを保つことができるとのこと。
また、
人間本来の生き生きとした魅力が大切であり、
表面的な肌の綺麗さのみにとらわれてしまうのは、本末転倒。
白人は積極的に日焼けしてシミやそばかすができても、気にせず魅力的に振舞うことが出来ることを例としてあげている。
その他、ニキビケアや、シミシワに対してのケアなど具体的な日常の肌に関する質問に丁寧に答えている。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊