パーソナル・プラットフォーム戦略

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > パーソナル・プラットフォーム戦略

パーソナル・プラットフォーム戦略

【感想】
ひとり社長でビジネスが出来るインフラがインターネットだと著者は主張する。
そのためのソーシャルネットワーク利用。
人は自分の強み、持っているものにそもそも気づいていない。
だからこそ、自分自身を棚卸し、深く内省を重ねて自分で自分を良く分かっている状態に持っていく。
人から多く質問されることはなにか、興味はどういう方向へ向くのか、など。
そうすると、自分の強みを生かした情報発信ができ、
その情報をネットで伝達することでビジネスに繋がる。
そして、人と人、ビジネスとビジネスがつながり、
より大きなネットワークになっていく。
これらをどのように、具体的に行動してゆくのか。
それを教えてくれているのが本書。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊