「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > 「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

「買いたい!」のスイッチを押す方法 消費者の心と行動を読み解く

【感想】
人はなぜ買いたいと、買うという行動を起こすのか。
著者は買うという行動を科学的な側面から研究し、消費者の行動科学と心理学とで買うという行為をu紐解いていきます。
例えば、
スターウォーズのライトセーバーの柄の部分。
これは、ほしい人が買うのであって、景気、不景気は関係ないといいます。
景気が良くても欲しくない人は買わない。
これは、極端な例ですが、言いたいことは、買いたいという心理面での動機付けを行えば人は買うということです。
つまり、消費者の心理。
それが分かれば、モノは売れるし、単にモノを売ろうとするその発想がそもそも消費者心理にマッチしていない、ということになります。
今は押し付ける売り方よりも、
人の共感を引き出す売り方が主流ということです。
理解し、共感しなければ自分ごとだと思ってもらえない。
人事だと思えば、情報の洪水の中で無視されてしまう、ということですね。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊