スティーブ・ジョブズの流儀


スティーブ・ジョブズの流儀

【感想】
アップルにはとてつもない資産がある。でも注意しないと、この会社はひょっとした、ひょっとしたら。。。うまいことば見つからないが・・・ひょっとしたら死んでしまう
アップルに返り咲いたジョッブズは、多くのことにノーっと言った。そして、物事を極端にシンプルにして分かりやすく、スピーディに前にすすめるようにした。
Appleの仕事術を一言で言い表すと、「イノベーション」だと感じた。
イノベーションとは何か?
イノベーションの出処は廊下で出くわしたり、夜の十時半に新しいアイディアが浮かんだから電話をしあったりする社員たちだ。あるいは問題へのアプローチ方法がまずところを見つけたから、という場合もある。
これまでにないイカしたアイディアを思いついたのでみんながどう思うか知りたい、そういう奴らが六人の臨時会議を招集すうことだってある

ということのようです。
そしてジョッブズの真骨頂はトータルコントロール。
支配欲ですね。
なんでも自分たちで支配したい。コントロールしたいということです。
つまり、
思い通りに事を運びたいという意味ですね。
私はいつだって日常生活のあらゆる面に関わらる主なテクノロジーを所有・支配したいと思ってきた







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊