スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!

スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!

【感想】
ジョッブズの業績の凄さには驚かされるが、その情熱と人を引きつける力は卓越したものがある。
現実歪曲フィールドという皮肉めいても使われることがあるが、とにかく人を惹きつけてしまい、その場にないものでもあるように見せかけてしまう、そういう力を持っている。
たとえ理屈でそれはあり得ないと思っていても、ジョッブズの前だと信じこまされてしまう。
そのような情熱を持って人を説得すれば、説得された人はその魅力や情熱に吸い付けられてしまい、ジョッブズの言うなりになるそうだ。
だからこそ、社内でも社外でも、自分のやりたいことが出来るひとつの要因にもなったのだろう。
そして、厳しい交渉の話こそ、ジョッブズの持っている厚かましさや人を引きつける魅力、理論を根底からひっくり返してしまうようなむちゃくちゃ加減が場を制したのだろう。
そういう押しの強さでは、基本的に押しの強い人種であるアメリカ人でさえも、驚くという。
なぜ押しが強く、厚かましくてできるのか。
本気でそう思っていて、絶対にそうしなければならないという使命感をもって行動しているからだと思う。
つまり、
大切なのは、本気度であれば、
どこまでそれを自分自身中で深めているのか、だと感じた。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊