iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化

iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化

【感想】
最初の30年は、はじまりに過ぎなかった
ジョブズがiPhoneをはじめて発表したときの言葉です。
Appleって会社はなんで、こんなにスゴイことを次々に出来るのだろうか?
ジョブズが再起してからのわずか14年程の間に、瀕死の会社が世界最大の成長発展を遂げた。
そして、いつの間にか各家庭、個人の手にはApple製品が沢山溢れているような世の中になっている。
ほんと、その凄さに圧倒されるばかりだ。
やはり、ジョッブズに端を発する企業文化なのだろうか。
魔法のごとく次々と矢次に繰り出すビジネス上の戦略や、新製品。
世の中を根底から変えてしまうような仕組み、製品。
やろうと思えばこんなことまで出来てしまうんだ、という無限の可能性を魅せつけられた気がした。







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊