ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす

ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす

【感想】
経営の神様、松下幸之助と2008年時点のSteve Jobsを比較して共通点、違いなどを見てゆくオモシロイ企画。
両経営者とも「ことば」を大切にし、「ことば」で人を動かつ達人であった。
著者は松下でもアップルでも働いた事があるからこそ、この比較に意味があるのだと大変興味深く読ませていただいた。
共通しているのは、気性の激しさ。目標への行動力である。
とにかく物事を前に進めようとする執念はすごいものがあると感じた。
そして、周りを巻き込む、説得する能力。
それも、高い理想を掲げているからこそ、周りが共感し、その理想を実現するために頑張っていくのだと感じた。
違いとしては、松下が人を育て活かす経営とすれば、
Steve Jobsは引き算。
優秀な人しか相手にせず、人を罵倒し、冷酷なまでに厳しく接しの能力を引き出す。
どちらが正しいとか間違いとかではなく、
自分のスタイルを徹底して実践することに強みが発揮されるのだと思った。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. アップルの法則
  7. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  8. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  9. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり
  10. スティーブ・ジョブズ 成功を導く言葉