スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力

スティーブ・ジョブズ 「超」仕事力

【感想】
ジョブスの若い頃は恵まれない環境だったそうです。
でも、そのおかげでハングリーさは人一倍だった。
だからこ、人一倍厚かましく行動が早い。しかも、大胆。
ちょっとやそっとのことでは、へこたれないし諦めない。
要するにタフで、たくましい。
そして、人にも同じものを要求する。
会社内では人を脅したりすかしたりして鉄笛的に仕事をさせる。しかも、優秀だと思う人間しか雇わない。
なぜなら、自分の理想を実現出来る人間は優秀でなければ
実現できないからだ。
グローバル大企業のCEOがフォントのサイズやピクセル単位の位置にまで細かく口を出し、その事で何時間も議論するというのは一般的な考えからして信じられない光景に映る。
でも、それがAppleでありジョブスだ。
一瞬で社内でも社外でも、消費者でも人の心をワシヅカミにできるのは、
「本気」でそう思っているかだと思う。
とにかく本気さ加減がずば抜けている。
そういう感じがした。
本質は人間への理解だと思う。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり