スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン

【感想】
物語風で面白く、アッという間に読めてしまう感動の本。
日本の青年がスイスにいる銀行家に、お金の本質は何かを学びに行き、そこでの勉強内容や人間関係、経験したことを物語にしてくれている。
その人の金銭感、つまりお金に対する価値観は強く家族の影響をうけている。
浪費家なのか、清貧なのか、色々な9つのタイプに分けることができる。
お金はパワーであり、単なる道具であるとも言える。
だからこそ、そのお金に振り回されないような価値を学び、上手に付き合ってゆくことが大切だと教えてくれる。
お金は生きてゆく上で言うまでもなく大切なもの。命の次に大切と言っても良い。
そのお金を幸福な人生に活かすレッスンを日本の青年が学んでゆくさまはとても微笑ましく、成長するさまは逞しく思える。
すぐ行動に移せる、情熱を持って生きるという起業家精神が大いに大切だと痛感しました。
また、正直に自分の弱さを認めるという強さも必要なことを学び感動しました。
なかなか自分で自分の弱い部分を認め、受け入れることはできないも。
素直に生きる、強く生きることの大切さを感じた。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり