1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方—儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > 1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方—儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法

1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方—儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法

【感想】
2006年に書かれた著書だが、ビジネスの基本部分の示唆が多く、いつ読んでも役立つ情報が盛りだくさんなので、たまに目を通す一冊。
「急いでいる客は広告をクリックする」
これひとつとっても、改めて目にすると、あぁそうだった!と基本に立ち返ることができる。
キーワードという観点からいうと次の2つのことが勉強になった。
1、誰もが気づいていないキーワード。ニッチキーワードを探して独り勝ちすることが大切。
簡単に早く勝利できる。
そのニッチをかぎわける能力を身につけることが重要。
2、層の厚いキーワードで勝負する。
厳しい中で勝利する力を磨く上で、ニッチのみに逃げているとこの力はつかない。
ニッチをかぎわける嗅覚も大切だが、競合が多い中で勝ち抜く「パワー」も大切。
繰り返し読むことで、どのように自分へ落としこむべきかを考えてゆこうと思います。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり