口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > 口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム

口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム

【感想】
初版2001年の神田さんの本。
お客様にお客様を紹介してもらう方法の事例が満載で毎回読むたびに参考になる考えが浮かんでくる。
困ったときに手に取ると、何かしら助けになる。
お客様の層を絞り込み、強いメッセージを伝える。
単にこのような考え方を漠然としているだけではお客様はこない、という著書は言う。
お客様を紹介してもらうためには、良い商品や良いメッセージだけではなく、
現場の人間とお客様とをつなぐ見えない絆を作る仕組みが必要だという。
その自社独自の仕組みをいくつも立ち上げることができれば、ライバルより自社にお客様は引き寄せられるというわけだ。
このことから、伝える力、お客様が簡単に負担なく利用できる仕組みを創ることが大切だと感じました。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり