お金と正義(上)


お金と正義(上)

【感想】
主人公の姉が、ある企業に殺されその真相を追求してゆくという物語設定。
神田さん特有のビジネス論を織りまぜながら、物語を展開してゆく。
アマゾンではあまりよい書評はありませんでしが、まぁそのままかなと感じました。
娯楽の読み物としてはそこそこ面白いものの、突拍子も無い展開やストーリーで違和感を感じました。
単に、著者の主張を読み取れる解釈能力が低いだけなのかもしれませんが、あまりピンと来ません。
読むのは短時間で読み進めることができました。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり