P.F.ドラッカー経営論第21章「情報が組織を変える」

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > P.F.ドラッカー経営論第21章「情報が組織を変える」

P.F.ドラッカー経営論第21章「情報が組織を変える」

P.F.ドラッカー経営論第21章「情報が組織を変える」

コンピューターや各種インフラなしに、ビジネスができない昨今。
そのビジネスが情報化してゆく中で、情報をどのように組織に活かすのかを教えてくれる経営者必須の1本!
これからますます、組織は階層が少なくなる。
そして、情報があふれるようになると、「分析」が必要になる。
会社組織は「情報」を中心とした組織に変換せざるを得ない。
労働する人は知識労働者へと移行することが理由だ。
情報化組織になると、意思決定のプロセス、仕事の処理の仕方が変わり始める。
そして、意思決定は主に設備投資に影響を与える。
分析は「意見」から「信頼」へ変わる。
代替案の提案へ意味が変わってきた。
つまり、経営方針そものの決定へと変わってきている。
18世紀にイギリスがインド統治した際の手法が面白く、強く印象に残りました。
同じころ、清国が中国を統治した人員のわずか1%しか人員を使っていなかった。
しかも、
ほとんどの人員が30才以下であり、
隣の人との距離は1~2日歩いていかなければいけない距離。
現場にいるスタッフの上司は100人のスタッフを担当し、
これはマネジメントの管理限界をはるかに超えていた。
どういう手法で、このような状態でインド統治できたのか?
なるほど!
の手法があり、会社の組織運営、チーム運営にすっごく役立ちます。
ぜひ、聞いてみてください。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり