P.F.ドラッカー経営論第31章「「すでに起こった未来」への準備」

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > P.F.ドラッカー経営論第31章「「すでに起こった未来」への準備」

P.F.ドラッカー経営論第31章「「すでに起こった未来」への準備」

P.F.ドラッカー経営論第31章「「すでに起こった未来」への準備」

既に起こった未来とは、人口の増減による世界経済の受ける影響についてである。
特に先進国では出生率が下がっているので、
国の生産力が下がってしまう危機がある。
人口の現象は、既に起こった事実であり、社会と経済に当然の影響を及ぼす。
・働くことをやめる年齢が75才まで定年延長
・経済成長は労働力の増加は、知識労働者の生産性に頼るようになる
・いかなる経済大国でも世界に君臨できなくなる
つまり、先進国の経済は知識労働の生産性、量によってのみ保持することができる。
競争力要因は、知識労働者の量を、質に転換するという体系だてたものの考え方。
そして、組織の内部の情報
組織の外部の情報がより重要となると教えてくれている。
既に起こった事実から、今後を見通すことができる、という意味だが難しい箇所が多々あり咀嚼てきていません。
なんども繰り返し聴こうと思っています。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり