人間関係は「感情」で動く


人間関係は「感情」で動く

人間関係は「感情」で動く (新講社ワイド新書)
和田 秀樹
新講社
売り上げランキング: 36155

【感想】
とにかく素直に、正直に自分を表現すること。感情を表に出す事が大切なのだと学びました。
感情を表に出すといっても、コントロールされている事が前提で、全ての感情を全部だしてしまうのは子供と同じになってしまいます。
「この人いいな」と思われる人は「上手に感情を出せる人」つまり、分かり易い人なのだという箇所が一番印象に残りました。
私自身、とかく人に気遣い、自分の感情を抑えてしまう傾向があるので、
自分をコントロールできなく、意味も無く不機嫌になったりする事も理解できました。
ぶつかりや対立を恐れず、自分の感情を正直に表現する訓練が必要と思いました。
他人に合わせ過ぎるって、良くないですね。
また、損得よりも感情が満足するかどうか。自分の価値観で選択したほうが物事がうまく行くことも強く共感できました。
しかし、今まではそのように行動できていたという自信はまるでありません。
もっと自分の素の状態を大切にし、感情を自由に表現し、生き生きと人生を生きたい、と感じました。
伸び伸びとしている方が周りの人も気持ちいいですし、自分にもプラスになりますから。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり