アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)

アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)

アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)
林 信行
青春出版社
売り上げランキング: 67727

【感想】
どうやってアップルは最低のボロ会社から、業界のトップ企業へと変換をとげたのか。
創業者jobsを中心としたアップルという会社の歴史を、簡単にまとめて行きながら、その法則を見つけ出そうという著書。
とにかく、圧倒的に良い商品を作り、顧客を驚かせ、世界を変えてみせるというその心意気を常に持ちつつ日々の仕事に手を付けているというその情熱が本を読んでいるだけでも伝わってきました。
Jobsは常に問い続けます。
「本気でそう思っているのか?」
胸を張って本気度を表現し、その理由を伝え説得でき、
「本気」と認めなければ、それ以外はすべて排除させられてしまうという激しさ。
だから、アップルって自分が持っている力以上の力を引き出してくれる会社なんですね。
本気で世界を変えようとして、その挑戦に、
水からがワクワクしながらコミットしていく。
困難に挑戦して行く。
だから、アップルは尊敬される企業なのだと感じました。
Jobsの言葉を思い出しました。
「アップルがあるだけで、世界はほんの少し住みやすくなる」
たしか、こんな言葉だったと思います。







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり