【音声】P.F.ドラッカー経営論第32章「自己探求の時代」

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > ブログ > 【音声】P.F.ドラッカー経営論第32章「自己探求の時代」

【音声】P.F.ドラッカー経営論第32章「自己探求の時代」

FeBeのオーディオテキストです。

P.F.ドラッカー経営論第32章「自己探求の時代」

テーマは「自己探求
自己探求こそが、自らの強みを見つける事になり、
自らの強みを磨く事こそが、突出した成果を生み出す源になる。
Q:あなたは、自分の強みが何か明確に分かっていますか?
もし、迷い無く即答できなければ、わかっていないということになります。
つまり、成果を出せる準備が整っていない、ということです。
私自身も、残念ながら自分の強みを明確に理解していません。
では、どうすれば良いのか?
ドラッカー博士は言います。
フィードバック分析こそが唯一、自らの強みに光を当ててくれる方法だと。
自分の目標なり、やるべき事を必ず書き留めておき、
9ヶ月~1年後、書き留めた内容との差を見る。進捗する。
ドラッカー博士はこのフィードバック分析を50年以上、続けていると言います。
之を続けることにより、2~3年で自らの強みがわかるようになるそうです。
また、
・強みを発揮する上での阻害要因がわかる
・不可能なこともわかる
ということです。
なぜ、自らの強みがわからなければいけないのか?
無能を「並」の水準にするには、
一流を「超一流」にするよりもはるかにエネルギーを使う。
そして、多くの人が強みを知らないゆえに、自分の得意とする仕事の仕方をしらない。
例えば
自分が物事を理解する時に、
1、耳から聞いて理解する人か
2、読んで理解する人か
これに答えられないと、効果的な仕事ができていない証明になるそうです。
また、答えられ理解している人の中でもさらに多くの人が、
理解していながらそのように行動してない、とのことです。
うぅ。
恐ろしい。
ドラッカー博士は、さらに続けます。。。
続きを知りたい方は、以下をクリックして購入して下さいね。
たったの1,050円で58分間も教えてくれます。
P.F.ドラッカー経営論第32章「自己探求の時代」

P.F.ドラッカー経営論第32章「自己探求の時代」

全35回をまとめ買いしたい方は→

ドラッカー経営論全章パック







関連記事

  1. 秋元康の仕事学
  2. ハンバーガーの教訓―消費者の欲求を考える意味
  3. 年収が10倍になる!魔法の自己紹介
  4. 私が弁護士になるまで
  5. 私、社長ではなくなりました。 ― ワイキューブとの7435日
  6. 勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論
  7. ザ・サンキュー・マーケティング
  8. 成功者の告白
  9. スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ
  10. 日本中枢の崩壊