じゃんけんはパーを出せ!~ビジネス解決力が身につく「ゲーム理論」~

フォトリーディング学習後の読書目標は年間100冊 > 読書 > じゃんけんはパーを出せ!~ビジネス解決力が身につく「ゲーム理論」~

じゃんけんはパーを出せ!~ビジネス解決力が身につく「ゲーム理論」~

【感想】
ビジネスにおける勝ちパターンをゲーム理論の一部を用いて解説している一冊。
内容が簡単で、読みやすく、あっという間に読めてしまいます。
表題の「パー」は確率で言う、勝つ可能性が高いそうです。
ある程度やり尽くして、後他にプラスするのに使える理論なのかな?と思いました。
私にはピンと来ない考え方?まだ、理解できないだけ?と思いました。
ゲーム理論って単に勝つ方法を自分なりに計算しているだけ?駆け引きしているだけ?っという印象でよくわかりませんでした。
実際のゲーム理論は違うのかも知れませんが。
ビジネス解決力が身に付くと書いてありますが、その観点から租借する事ができませんでした。
力不足かっ?







関連記事

  1. スティーブ・ジョブズ II
  2. スティーブ・ジョブズ I
  3. 早起きは3億の得
  4. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  5. スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ
  6. ジョブズ VS. 松下幸之助 ”言葉力”で人を動かす
  7. アップルの法則
  8. スティーブ・ジョブズ神の交渉力―この「やり口」には逆らえない!
  9. iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化
  10. iPhoneショック ケータイビジネスまで変える驚異のアップル流ものづくり